フレモントコットンウッド

Populus fremontii

Populus fremontii

Populus fremontii

Populus fremontii

Populus fremontii

Populus fremontii

アメリカの南西部、コロラド州・カリフォルニア州からメキシコ北部にかけて分布しています。森林や草原、砂漠などの河川沿いの湿ったところに生え、高さは12〜24メートルになります。樹皮は灰色で厚く、深く割れ目が入ります。葉は広い三角形で先端が尖ります。雌雄異株で、早春に尾状花序を下垂させ、花を咲かせます。果実は卵形で春に熟し、裂開して多くの綿毛に包まれた種子を散布します。 
ヤナギ科ヤマナラシ属の落葉高木で、学名は Populus fremontii。
英名は Fremont cottonwood、Rio Grande cottonwood。 
Fremont cottonwood (Fremont cottonwood) belongs to the Salicaceae (the Willow family). It is a tall deciduous tree that is distributed to southwestern Unite States, from Colorado-California to northern Mexico. This tree grows in damp areas along the rivers of forests, grasslands and deserts, and can reach 12-24 m in height. The bark is gray, thich and deep furrowed. The leaves are deltoid with acute tips. It is dioecious. The drooping catkins are borne and bloom many flowers in early spring. The fruits are ovate, ripen in spring, splitting open and scatter many cottony seeds. 
[上・中1〜3] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・下] アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキにて、
2010年07月03日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp