フレイキネティア・ムルチフローラ

Freycinetia multiflora

Freycinetia multiflora

Freycinetia multiflora

Freycinetia multiflora

Freycinetia multiflora

Freycinetia multiflora

Freycinetia multiflora

フィリピンが原産です。石垣島や西表島に分布している「つるあだん」
の仲間で、長さは1.5メートルほどになります。葉は濃緑色で光沢が
あり、互生します。雌雄異株です。春に、肉穂状の花序を枝先につけ
ます。花には花弁も萼片もなく、オレンジ色の苞が目立ちます。葉や
茎、根などはマットやバスケット、サンダルなどに加工されます。
タコノキ科ツルアダン属の常緑多年草で、学名は Freycinetia
multiflora。英名は Climbing pandanus, Flowering pandanus。
Climbing pandanus belongs to Pandanaceae (Screwpine family). It is an
evergreen perennial herb that is native to Philippine. This herb is a related
species of 'Tsuru-adan' (Freycinetia formosana) that is distributed in Ishigaki
Island and Iriomote Island. It grows about 1.5 m long and the leaves are
glossy dark green and alternate. It is dioecious. The spadiceous clusters are
borne at the terminal branches in spring. The flower is apetalous and
asepalous and has visible orange bracts. The leaves, stems and roots are
used for making mats, baskets or sandals.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。
[中4] 同上にて、2005年02月15日撮影。
[中1〜中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年03月24日撮影。
[中5・下] 栃木県藤岡町「とちぎ花センター」にて、
2008年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp