フルーツセージ

Salvia dorisiana

Salvia dorisiana

Salvia dorisiana

Salvia dorisiana

地中海沿岸が原産です。高さは90〜150センチほどで、潅木状に
なります。葉は淡い緑色で、大きな心形をしていて、ベルベットのよ
うな質感があります。トロピカル・フルーツポンチに似た芳香がありま
す。晩秋から冬にかけて、大きなピンク色の筒状花を咲かせます。
シソ科アキギリ属の常緑多年草で、学名は Salvia dorisiana。
英名は Fruit sage, Peach sage。
Fruit sage (Salvia dorisiana) belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an
evergreen prernnial herb that is native to coastal areas of the Mediterranean
Sea. This herb is shrubby and can reach 90-150 cm in height. The leaves
are pale green, large cordate and velvety. They are tropical fruit cocktail-
like scented. The large pink tubular flowers appear from late fall to winter.
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年02月28日撮影。
[中2] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2009年04月26日撮影。
[下] 同上にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp