ふいりあおき (斑入り青木)

Aucuba japonica cv. Variegata

Aucuba japonica cv. Variegata

Aucuba japonica cv. Variegata

Aucuba japonica cv. Variegata

Aucuba japonica cv. Variegata

Aucuba japonica cv. Variegata

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島に分布する「あおき」の園芸品種です。長楕円形の葉に黄色い斑が入るのが特徴です。日陰でもよく育つので、庭や公園に植栽されます。 
ミズキ科アオキ属の常緑低木で、学名は Aucuba japonica cv. Variegata。英名は Variegated Japanese aucuba。 
The Variegated Japanese acuba (Aucuba japonica cv. Variegata) belongs to the Cornaceae (the Dogwood family). It is a small evergreen tree that is a variety of Japanese aucuba (native to Honshu to Shikoku, Kyushu and the Korean Peninsula). The leaves are oblong and have yellow mottles on the surface It grows well in shade places and usually plants in gardens or parks. 
[上] 岐阜県御嵩町次月にて、2007年12月06日撮影。
[中1・中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年01月19日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2006年02月15日撮影。
[下] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年05月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp