ふぶきばな (吹雪花)

Iboza riparia

Iboza riparia

Iboza riparia

Iboza riparia

Iboza riparia

Iboza riparia

アフリカの南部、マラウイ・モザンビークから南の南アフリカに分布しています。常緑樹林の林縁、しばしば岩礫地や水辺などに生え、高さは3メートル以上になります。葉は卵状長楕円形から円形で、両面に腺毛が生えたり、裏面に白っぽいビロード状の毛が生えたりいろいろです。葉の縁は疎らな円鋸歯です。5月から8月ごろ、大きなよく分枝した円錐花序に、極小さな淡色から濃色の藤桃色またはライラック色、ときに白色の花を咲かせます。雌雄同株で、単性花が同じ花序のなかの異なった穂につきます。 
シソ科イボザ属の常緑多年草で、学名は Iboza riparia(syn. Tetradenia riparia)。英名は Nutmeg bush、GInger bush、Mochasma。 
The Nutmeg bush (Tetradenia riparia) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is a deciduous shrub that is disrtibuted to southern Africa, from Malawi-Mozambique south to South Africa. This shrub grows at margins of evergreen forests, often in rocky terrain or near water, and up to 3 m in height. The leaves are ovate-oblong to rotund, variously covered with glandular hairs on both sides, the underside covered in whitish velvety hairs. Their margins are coarsely crenate-dentate. The minute, pale to deep, mauve-pink or lilac, sometimes white flowers bloom in large many-branched panicles from May to August. It is monoecious. It's flowers are unisexual in different spikes within the same inflorescence. 
[上・中2] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年01月06日撮影。
[中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2005年12月27日撮影。
[中3] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中4・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp