ふうりんぶっそうげ (風鈴仏桑華)

Hibiscus schizopetalus

Hibiscus schizopetalus

Hibiscus schizopetalus

Hibiscus schizopetalus cv. Pagoda

Hibiscus schizopetalus

Hibiscus schizopetalus

Hibiscus schizopetalus

東アフリカのザンジバル島が原産です。「ハイビスカス(仏桑華)」に似ていますが、花弁が反り返り、長い雄しべが下垂しています。名前は、風鈴のようにつり下がって咲くかたちから。写真中3は園芸品種の「パゴダ(cv. Pagoda)」。 
アオイ科フヨウ属の常緑低木で、学名は Hibiscus schizopetalus。
英名は Coral hibiscus、Flinged hibiscus。 
Coral hibiscus (Hibiscus schizopetalus) belongs to the Malvaceae (the Mallow family). It is a small evergreen tree that is native to the Zanzibar in eastern Africa. This flower resembles to the Hibiscus, though the petals are reflexed and the long pistil is drooping. The Japanese name is derived from a suspended wind chime. The 4th photo is a cultivar 'Pagoda'. 
[上] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中1・中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年08月11日撮影。
[中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中4〜5・下] 沖縄県那覇市にて、2016年06月19日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp