ふだんそう (普段草)

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

地中海東部から中央アジアが原産です。同じ種の系統として「さとう
だいこん」があります。「ビーツ」または「スイスチャード」とも呼ばれ、
葉柄や根茎が赤色をしています。ロシア料理のボルシチの赤い色
は、この「ビーツ」の色です。野菜や糖原料、それに観賞用としても
栽培されます。
アカザ科フダンソウ属の二年草で、学名は Beta vulgaris ssp. cicla var.
cicla。英名は Chard, Spinach beet, Swiss chard。
Chard belongs to Brassiaceae (the Mustard family). It is a biennial herb that
is native from eastern regions of the Mediterranean to central Asia. This
species is closely related to Sugar beet. It is also known as Beet or Swiss
chard. The leaf-stems and rootstalks are red. The red color of borscht
derives from them. It is cultivated as vegetables, sugar crops and
ornamental palnts.
[上] 千葉県香取市大角にて、2010年05月27日撮影。
[中1] 同上にて、2010年05月12日撮影。
[中2・中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2003年01月26日撮影。
[下] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp