ふでりんどう (筆竜胆)

Gentiana zollingeri

Gentiana zollingeri

Gentiana zollingeri

Gentiana zollingeri

Gentiana zollingeri

Gentiana zollingeri

わが国の各地をはじめ、南千島からサハリン、それに朝鮮半島や中国に分布しています。日当たりの良い草地や林縁などに生え、高さは5〜10センチほどになります。葉は広卵形でやや厚みがあり、裏面がしばしば赤紫色を帯びます。4月から5月ごろ、花茎を伸ばして、青紫色の花を咲かせます。 
リンドウ科リンドウ属の二年草で、学名は Gentiana zollingeri。
英名はありません。 
"Fude-rindou" (Gentiana zollingeri) belongs to the Gentianaceae (the Gentian family). It is a biennial herb that is native to Japan, the southern Kuril Islands, the Sakhalin, the Korean Peninsula and China. This herb grows in sunny grasslands or forest edges and can reach 5-10 cm in height. The leaves are broad ovate, thickish and often tinged magenta on abaxial sides. The bluish-purple flowers appear on the flowering stalks from April to May. 
[上・中1] 長野県岡谷市湊にて、2009年05月04日撮影。
(photo by Takao Itho)
[中2・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年04月21日撮影。
[中4・下] 山梨県甲州市「湯ノ沢峠」にて、2014年05月24日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp