ふじばかま (藤袴)

Eupatorium japonicum

Eupatorium japonicum

Eupatorium japonicum

Eupatorium japonicum

わが国の本州、関東地方以西から四国、九州それに朝鮮半島、中国に分布しています。秋の七草にも数えられていますが、奈良時代に薬草として中国から渡来したものです。川の堤防などに群がって生え、高さは1〜1.5メートルになります。葉はふつう深く3裂しますが、下部の葉では分裂しないこともあります。また葉は対生し、短い柄があります。8月から10月ごろ、茎の先に散房花序をだし、淡い紅紫色の花を咲かせます。古くは「蘭草」と呼ばれ、乾燥させると芳香があり衣料の薫蔵に使われたといいます。
キク科ヒヨドリバナ属の多年草で、学名は Eupatorium japonicum。
英名はありません。
"Fuji-bakama" (Eupatorium japonicum) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed westward from Kanto district of Honshu to Shikoku and Kyushu, as well as the Korean Peninsula nad China. This herb was introduced into Japan as a medicinal herb from China in Nara Era (1,300 years ago). This herb grows gregariously in dry riverbeds, and it can reach 1-1.5 m in height. The leaves are usually divided into trilobate, but occationally not divided at the lower parts of stems. They are arranged in opposite with short petioles. The pale magenta flowers bloom in corymbs atop of stems from August to October. The diried leaves are scented and used as a care of clothing in former days.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年10月27日撮影。
[中2・下] 宮城野国際ます釣場「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp