ふじかんぞう (藤甘草)

Desmodium oldhamii

Desmodium oldhamii

Desmodium oldhamii

Desmodium oldhamii

Desmodium oldhamii

わが国の本州から四国・九州それに朝鮮半島や中国東部に分布し
ています。山野の林内に生え、高さは50〜150センチになります。
葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は長卵形で2〜3対あります。8月
から9月ごろ、茎頂と葉腋から総状花序をだし、淡いピンク色の蝶形
花を咲かせます。果実は節果で、2個の小節果があります。名前は
花が「ふじ」に、葉がマメ科の「かんぞう(Glycyrrhiza glabra)」に似てい
ることから。
マメ科ヌスビトハギ属の多年草で、学名は Desmodium oldhamii。
英名はありません。
'Fuji-kanzo' (Desmodium oldhamii) belongs to Fabaceae (Pea family). It is
a perennial herb that is distributed from Honshu to Shikoku, Kyushu of
Japan, Korean Peninsula and eastern China. This herb occurs in
woodlands and can reach 50-150 cm in height. The leaves are odd-pinnate
compound with 2-3 pairs of long-ovate leaflets. The racemes are borne on
the stem apices and axiles, bloom pale pink papilionaceous flowers from
August to September. The fruits are loments with two segments.
[上・中1] 滋賀県多賀町霊仙「霊仙山」にて、2005年09月09日撮影。
[中2〜3・下] 岐阜県関市板取にて、2007年09月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp