ふようかたばみ (芙蓉酢漿草)

Oxalis variabilis

Oxalis variabilis

Oxalis variabilis

Oxalis variabilis

Oxalis variabilis

南アフリカのケープ地方が原産です。高さは10〜20センチほどにな
り、葉は3出複葉で小葉は円形から倒卵形です。冬から春にかけ
て、直径3センチほどの花を咲かせます。「はなかたばみ」よりは、株
が小さめです。わが国では本州、関東地方以西では露地で越冬しま
す。
カタバミ科カタバミ属の多年草で、学名は Oxalis variabilis(syn. O.
purpurea)。英名は Grand Duchess oxalis。
Grand Duchess oxalis belongs to Oxalidaceae (Wood sorrel family). It is a
perennial herb that is native to Cape Province of South Africa. This herb
can reach 10-20 cm in height, and the leaves are 3-lobed compounds with
round to obovate leaflets. The flowers are 3 cm in diameter and bear from
winter to spring. The plant size is smaller than Oxalis bowiei. This herb can
pass the winter outdoors in temperature region westward from Kanto
district of Japan.
[上・中1〜2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、
2007年03月17日撮影。
[中3] 同上にて、2006年11月04日撮影。
[下] 同上にて、2007年02月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp