ふうせんかずら (風船葛)

Cardiospermum halicacabum

Cardiospermum halicacabum

Cardiospermum halicacabum

Cardiospermum halicacabum

Cardiospermum halicacabum

Cardiospermum halicacabum

Cardiospermum halicacabum

Cardiospermum halicacabum

Cardiospermum halicacabum

Cardiospermum halicacabum

東南アジアや北アメリカそれにアフリカに広く分布しています。湿り気のある雑木林や荒れ地に生え、長さは3メートルほどになります。7月から8月ごろ、散房花序に小さな白い花を咲かせます。果実は膨らんで風船状になります。中にある種子は黒くて丸く、白いハート形の模様があります。 
ムクロジ科フウセンカズラ属の蔓性多年草で、学名は Cardiospermum halicacabum。英名は Heart seed、Baloon vine。 
Heart seed (Cardiospermum halicacabum) belongs to the Sapindaceae (the Soapberry family). It is a perennial vine that is distributed widely to East-south Asia, North America and Africa. This vine grows in wettish brushes and barrens, and can reach about 3 m long. The small white flowers bloom in the corymbs from July to August. The fruits are capsules and inflated balloon-like. The seed is black, round and patterned with white heart-shaped. 
[上] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、2008年11月09日撮影。
[中2・中3] 滋賀県木之本町大音にて、2003年11月02日撮影。
>[中4〜中6] 千葉県香取市大角にて、2010年08月04日撮影。
[中7〜中9] 同上にて、2010年08月19日撮影。
[下] 沖縄県うるま市にて、2016年07月26日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp