ふきゆきのした (蕗雪の下) [Index] [Back]

Saxifraga japonica

わが国の固有種で、北海道から本州の日本海側、それに四国に分布しています。低山帯から亜高山帯の渓流沿いの岩場や砂礫地に生え、高さは15〜80センチになります。葉は円形で基部は心形、縁には不揃いの鋸歯があります。7月から8月ごろ、花茎の先に円錐花序をだし、小さな白色の花をまばらに咲かせます。和名は、葉が「ふき(蕗)」に似ているところから。
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草で、学名は Saxifraga japonica。
英名はありません。
"Fuki-yukinoshita" (Saxifraga japonica) belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is endemic to Japan, distributed from Hokkaido to the Japan Sea side of Honshu and Shikoku. This herb grows on montane to sub-alpine, streamside rocky places or screes, and can reach 15-80 cm in height. The leaves are round with cordate bases and irregular toothed edges. The panicles are borne on the flowering stalks and the small, white flowers bloom sparsely from July to August.
北海道斜里郡清里町「斜里岳」にて、2011年08月01日撮影。
(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp