ふとぼなぎなたこうじゅ (太穂長刀香需)

Elsholtzia argyi var. nipponica

Elsholtzia argyi var. nipponica

わが国の本州、関東地方以西から九州に分布しています。山地の谷
間や道端に生えます。茎は直立して、「ナギナタコウジュ」よりも幅広
で大きめの広卵形の葉をつけます。9月から10月ごろ、花序の片側
に偏って淡い紅紫色の花を咲かせます。花穂は長さ2〜5センチで
太く、苞葉の突出部の長さも2〜3ミリあります。
シソ科ナギナタコウジュ属の一年草で、学名は Elsholtzia argyi var.
nipponica。英名はありません。
大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、2005年09月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp