ふいりパイナップル (斑入りパイナップル)

Ananas bracteatus var. striatus

Ananas bracteatus var. striatus

Ananas bracteatus var. striatus

ブラジルが原産です。果実はふつうの「パイナップル(Ananus comosus)」に比べて小さいですが、食用にはなります。葉には白い縁取りがあり、明るい日差しの中で生育すると淡いピンクになります。果実が成長を始めると、その色は鮮紅色に変わります。 
パイナップル科パイナップル属の多年草で、学名は Ananas bracteatus var. striatus。英名は Variegated red pineapple。 
Variegated red pineapple (Ananas bracteatus var. striatus) belongs to the Bromeliaceae family. It is a perennial herb that is native to Brazil. The fruits are smaller than common pineapple (Ananus comosus), though can be edible. The leaves have white outlining and are tinged pale pink in bright sunshine habitat. The fruits turn bright red when start to mature. 
[上・中] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp