ふよう・れんたいき (芙蓉・連隊旗)

Hibiscus mutabilis cv. Rentaiki

Hibiscus mutabilis cv. Rentaiki

Hibiscus mutabilis cv. Rentaiki

Hibiscus mutabilis cv. Rentaiki

「ふよう(H. mutabilis)」と「アメリカふよう(H. moscheutos)」との種間交
雑種です。大阪市大付属植物園の立花吉茂氏によって作出されまし
た。白地に淡い紅色の縞があるところから、「連隊旗(れんたいき)」
と名づけられました。開花期は長く、夏から晩秋まで咲き続けます。
ただし、両親の染色体数が異なるため不稔性だそうです。
アオイ科フヨウ属の落葉低木で、学名は Hibiscus mutabilis cv.
Rentaiki。英名はありません。
Cotton rose hibiscus 'Rentaiki' (Hibiscus mutabilis cv. Rentaiki) belongs to
Malvaceae (Mallow family). It is a deciduous small tree that is a
interspecific hybrid between Cotton rose hibiscus (H. mutabilis) and
Swamp rose mallow (H. moscheutos). This hybrid was breeded by
Yoshishige Tachibana (Botanical Gardens Faculty of Science Osaka City
University). It has long flower season and bloom bright red flowers from
summer to late fall. The variety name 'Rentaiki' is derived from the pale
rose-pink stripes against a white background, because of similar to
Japanese regimental banner. This hybrid is sterile because of the parents
have different chromosome numbers.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年07月22日撮影。
[中2] 同上にて、2005年09月14日撮影。
[下] 同上にて、2005年11月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp