フルクラエア・フォエチダ

Furcraea foetida

Furcraea foetida

Furcraea foetida

Furcraea foetida cv. Medio-picta

Furcraea foetida cv. Medio-picta

Furcraea foetida cv. Medio-picta

南アメリカの北部が原産です。多肉質のロゼットを形成して、高さは
1.5メートルほどになります。「りゅうぜつらん」に似た植物で、堅くて
長い披針形の葉にはわずかに鋸歯があります。寿命はたいへん長
いものですが、花を咲かせると枯れてしまいます。強い芳香のある白
い花が、6メートルほどもある花茎の先に咲きます。写真中3〜4・下
は、斑入りの園芸品種「メディオピクタ(cv. Medio-picta)」。
リュウゼツラン科フルクラエア属の常緑多年草で、学名は Furcraea
foetida。英名は Mauritius hemp。
Mauritius hemp belongs to Agavaceae (Agave family). It is an evergreen
perennial that is native to northern South America. This is a carnous, rosette
plant and can reach about 1.5 m in height. It is a similar to Agave, its leaves
are rigid, long lanceolate with a few marginal prickles. Mauritius hemp is
long-lived, but after blooming it may be blighted. Flowers are whitish,
strongly fragrant and born on long stalks about 6 m in height. The photos of
3rd to 5th are variegated cultivar 'Medio-picta'.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市ビークロフトにて、
2006年09月17日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[下] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2006年12月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp