ふさアカシア (房アカシア) [Index] [Back]

Acacia dealbata

Acacia dealbata

Acacia dealbata

Acacia dealbata

Acacia dealbata

Acacia dealbata

Acacia dealbata

オーストラリアの南東部、ニューサウスウェールズ州からビクトリア州、タスマニア島に分布しています。乾燥した硬葉樹林や森林地帯に生え、高さは20〜30メートルになります。樹皮は灰色から灰緑色、あるいは褐色で平滑、年をとると深く剥離します。葉は青灰色から銀色、ときに緑色で2回羽状複葉です。10〜30対の羽片があり、ひとつの羽片は10〜60対の小羽片で構成されています。冬の終わりから早春のころ、枝先や葉腋に円錐花序をだし、黄色から明るい黄色の花を咲かせます。果実は扁形の豆果で、2〜11センチの長さです。
ネムノキ科アカシア属の常緑高木で、学名は Acacia dealbata。
英名は Silver wattle。
Silver wattle (Acacia dealbata) belongs to Mimosaceae (the Mimosa family). It is a tall evergreen tree that is native to south-eastern Australia; New South Wales, Victoria and Tasmania. This tree grows in dry sclerophyll forests or woodlands, and can reach 20-30 m in height. The barks are gray, gray-green or brown, smooth, and deeply fissured with age. The leaves are bluish gray to silvery or sometimes green, twice pinnatly compound with 10–30 pairs of pinnae and 10-60 pairs of pinnules. The yellow to bright yellow flowers bloom in terminal or axillary panicles from late winter to early spring. The fruits are flat seed pods, 2-11 cm long.
[上・中1〜2] スペイン・バレンシア県プソルにて、
2011年02月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3・中4] 同上にて、2010年08月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5・下] 同上にて、2012年02月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp