ふしぐろせんのう (節黒仙翁)

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

Lychnis miqueliana

わが国の固有種で、本州から四国・九州に分布しています。山地に生え、高さは40〜80センチになります。茎は直立し、節は太く膨らんで紫黒色を帯びます。葉は卵形、倒卵形または楕円状皮針形で対生します。7月から10月ごろ、茎の先端に花茎をだして、朱赤色の花を咲かせます。5個の花弁は平開します。
ナデシコ科センノウ属の多年草で、学名は Lychnis miqueliana。
英名はありません。
The "Fushiguro-senno" (Lychnis miqueliana) belongs to Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is endemic to Japan and distributed to Honshu, Shikoku and Kyushu. This herb grows in mountains and can reach 40-80 cm in height. The stem is erect and has swollen nodes which tinged purplish-black. The leaves are obovate to elliptic-lanceolate and opposite. The flowering stalks are borne on the stem apices and bloom vermillion-red flowers from July to October. The flowers are five-petaled and spread out.
[上・中1・中5] 滋賀県米原市藤川「伊吹山」にて、
2005年07月30日撮影。
[中2] 長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、2005年09月22日撮影。
[中3] 長野県伊那市長谷黒河内「黒河内林道」にて、
2006年08月24日撮影。
[中4] 岐阜県関市板取にて、2007年09月07日撮影。
[中6・中7] 茨城県北茨城市関本町にて、2012年09月22日撮影。
[中13・下] 同上にて、2013年09月07日撮影。
[中8〜中10] 栃木県日光市上三依にて、2013年08月24日撮影。
[中11・中12] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp