ふたりしずか (二人静)

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

Chloranthus serratus

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地の湿った林中に生え、高さは30〜60センチになります。葉は楕円形で、十字対生します。4月から6月ごろ、茎の先に数本の穂状花序をだし、白い花を咲かせます。花弁はなく、白い雄しべが目立ちます。名前は、静御前の霊と菜摘女の二人で舞う、謡曲の「二人静」から。
センリョウ科チャラン属の多年草で、学名は Chloranthus serratus。
英名はありません。
"Futari-shizuka" (Chloranthus serratus) belongs to the Myrsinaceae (the Myrsine family). It is a perennial herb that is distributed to Japan, as well as the Korean Peninsula and China. The herb grows in montane wet forests and can reach 30-60 cm in height. The leaves are elliptic and decussate. The several spikes are borne and bloom white flowers from April to June. The flower is non-petaled and has conspicuous white stamens.
[上・中1〜2] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年05月24日撮影。
[中3・中4] 長野県松本市奈川にて、2005年06月25日撮影。
[中5] 三重県松阪市「波瀬植物園」にて、2012年07月09日撮影。
[中6・中7] 三重県松阪市飯高月出にて、2012年07月09日撮影。
[中8〜中10] 山梨県甲州市大和町にて、2014年05月24日撮影。
[中11〜中13] 福島県二本松市「日山」にて、
2014年06月21日撮影。
[中14〜15・下] 宮城県仙台市「泉ヶ岳」にて、
2016年06月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp