ふさすぎな (総杉菜) [Index] [Back]

Equisetum sylvaticum

Equisetum sylvaticum

北半球に分布しています。湿り気のある、または沼地のような森林や開けた林、草地などに生え、高さは30〜60センチになります。茎はまっすぐで中空です。茎には10〜18個の棘のある縦稜があり、シリカの針状体が含まれます。ふつう12個あるいはそれ以上の枝を、垂れ下がりながら輪生状につけます。繁殖茎は他よりも短く、茎の先端に胞子のケイシングとなる円錐体をつけます。 
トクサ科トクサ属のシダ植物で、学名は Equisetum sylvaticum。
英名は Wood horsetail。 
Wood horsetail (Equisetum sylvaticum) belongs to the Equisetaceae (the Horsetail family). It is a fern that is native the Northern Hemisphere. This fern grows in wet or swampy forests, open woodlands, and meadow areas, and it can reach 30-60 cm in height. The stems are erect and hollow. They have 10-18 spiny vertical ridges that contain silica spicules. The generally 12 or more branches are arranged in whorls and drooping downward. The fertile stems are shorter than the others; on these develop the cones that bear the spore casings. 
イギリス・スコットランド・ベンロウワーズにて、2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp