ふう (楓)

Liquidambar formosana

Liquidambar formosana

Liquidambar formosana

Liquidambar formosana

Liquidambar formosana

Liquidambar formosana

Liquidambar formosana

Liquidambar formosana

Liquidambar formosana

Liquidambar formosana

中国の中南部や台湾が原産です。わが国へは、江戸時代中頃に渡来しました。高さは25〜60メートルになります。樹皮は灰褐色をして滑らかで、薄く剥離します。葉は掌状に3裂して、細かい鋸歯があり、互生します。4月ごろに花をつけ、果実はイガに包まれています。黄葉が美しく、街路樹や公園樹として植栽されています。別名で「たいんふう(台湾楓)」とも呼ばれます。
マンサク科フウ属の落葉高木で、学名は Liquidambar formosana。
英名は Formosan sweetgum。
Formosan sweetgum (Liquidambar formosana) belongs to the Hamamelidaceae (the Witch hazel family). It is a tall deciduous tree that is native to the cenral-southern China and Taiwan. It was introduced into Japan in the middle days of Edo Period (about 250 years ago). This tree can reach 25-60 m in height. The barks are grayish brown, smooth and peel thinly. The leaves are trilobate palmately, fine serrated and arranged oppositely. The flowers bloom around April and the fruits are burry. The leaves turn bright yellow in fall and the tree is planted as a roadside tree or a garden tree. 
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。
[中2〜中4] 埼玉県滑川町「武蔵丘陵森林公園」にて、
2010年12月05日撮影。
[中5・中6] 千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。
[中7〜8・下] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、
2014年08月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp