はばやまぼくち (葉場山火口)

Synurus excelsus

Synurus excelsus

Synurus excelsus

Synurus excelsus

Synurus excelsus

Synurus excelsus

わが国の本州、福島県以南から四国・九州に分布しています。山地
の日当たりの良い草地に生え、高さは1〜2メートルになります。全
体にくも毛があり、茎は太くて紫褐色を帯びます。下部の葉は三角形
で基部が鉾形にはりだし、上部の葉は卵状三角形です。10月ごろ、
茎の先に大きな頭花を咲かせます。葉場山とは草刈り場のある山の
ことです。
キク科ヤマボクチ属の多年草で、学名は Synurus excelsus。
英名はありません。
'Habayama-bokuchi' (Synurus excelsus) belongs to Asteraceae (Aster
family). It is a perennial herb that is distributed southward from Fukushima
prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu. This herb occurs in sunny
montane grasslands and can reach 1-2 m in height. The plant is covered
with spiderweb-like hairs and the stem is thick and tinged purplish-brown.
The lower leaves are deltoid with hastate bases and the upper leaves are
ovate-deltoid. The large flower-heads come in October.
[上・中4] 岐阜県高山市荘川町一色にて、2007年09月07日撮影。
[中1・中2] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2005年09月30日撮影。
[中3・下] 長野県塩尻市片丘「高ボッチ高原・鉢伏山」にて、
2005年09月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp