はしりどころ (走野老)

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

Scopolia japonica

わが国の本州から四国、九州それに中国に分布しています。山地の湿った林中に生え、高さは30〜60センチになります。全体にアルカロイドを含む毒草です。名前も「おにどころ」に似ていて、誤って食べると苦しんで走り回ることから。4月から6月ごろ、小さな暗紫色の花を咲かせます。 
ナス科ハシリドコロ属の多年草で、学名は Scopolia japonica。
英名はありません。 
"Hashiri-dokoro" (Scopolia japonica) belongs to the family Solanaceae (the Nightshade family). It is a perennial herb that is distributed westward from Honshu to Shikoku, Kyushu and China. This herb grows in wettish montane woods, and can reach 30-60 cm in height. All parts of plants contain poisonous alkaloid. The purple-black flowers bloom from April to June. 
[上・中1〜2] 群馬県中之条町上沢渡にて、2009年04月26日撮影。
[中3〜中5] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2009年04月25日撮影。
[中6] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2005年04月19日撮影。
[中7] 同上にて、2004年04月20日撮影。
[中8〜11・下] 山梨県北杜市「編笠山」にて、
2013年05月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp