はえじごく (蝿地獄)

Dionaea muscipula

Dionaea muscipula

Dionaea muscipula

Dionaea muscipula

アメリカのノースカロライナ州からサウスカロライナ州に分布していま
す。高さは5〜10センチくらいですが、食虫植物として有名です。葉
の中央には感覚毛があり、虫がとまると葉が閉じて、周囲にある刺
毛がふたの役目を果たします。5月から6月ごろ、花茎を伸ばして白
い花を咲かせます。
モウセンゴケ科ハエジゴク属の常緑多年草で、学名は Dionaea
muscipula。英名は Venus's fly trap。
Venus's fly trap (Dionaea muscipula) belongs to Droseraceae (the Sundew
family). It is an evergreen herb that is distributed to eastern United States;
North Carolina and South Carolina. It can reach 5-10 cm in height and it is
famous for a carnivorous plant. When an insect contacts one of the hair-
like trichomes that are found on the upper surface of each of the lobes, the
trap closes. The flowering stalk is borne and the white flowers bloom from
May to June.
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2003年06月21日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年09月16日撮影。
[下] スペイン・バレンシア県プソルにて、2010年06月28日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp