はまひえがえり (浜稗返り) [Index] [Back]

Polypogon monspeliensis

Polypogon monspeliensis

ヨーロッパの南部とアジア、そして北アフリカが原産ですが、南北アメリカやアフリカの一部諸国、オーストラリアやニュージーランドに導入されてきました。海岸沿いの湿地や河口、湿地、小川沿いそれに湿った場所に生えています。桿は直立または膝のように曲がり、叢生して高さは30〜60センチになります。葉は狭線形から広線形で8〜15センチの長さです。5月から6月ごろ、淡緑色で狭長楕円形の円錐花序をだします。小穂には長くて細く、白っぽい芒があり、それが花序の質感を持たせています。 
イネ科ヒエガエリ属の一年草で、学名は Polypogon monspeliensis。英名は Annual beard-grass、Annual rabbitsfoot grass。 
Annual beard-grass (Polypogon monspeliensis) belongs to the Poaceae (the Grass family). It is an annual herb that is native to southern Europe, Asia and northern Africa, and has been introduced to North and South America, some countries in Africa, Australia and New Zealand. This herb grows in coastal marshes, river estuaries, marshes, along stream edges, and humid habitats. The culms are erect or geniculate, clumping, and up to a height of 30-60 cm. The leaves are narrowly to broadly linear, 8-15 cm long. The pale green, narrowly oblong panicles are borne from May to June. The spikelets have long, thin, whitish awns, which give the inflorescence its texture. 
アメリカ・コロラド州「ロッキー山脈国立公園」にて、2017年08月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp