はまひさかき (浜姫榊)

Eurya emarginata

Eurya emarginata

Eurya emarginata

Eurya emarginata

Eurya emarginata

Eurya emarginata

Eurya emarginata

Eurya emarginata

Eurya emarginata

わが国の本州、千葉県と愛知県以西から四国・九州それに朝鮮半島南部や中国に分布しています。暖地の海岸に生え、高さは1.5〜5メートルになります。長倒卵形の葉は厚くて先端がへこみ、互生します。雌雄異株です。10月から2月ごろ、葉腋に緑白色の小さな5弁花を咲かせます。雌花は雄花よりも小型です。果実は球形で黒く熟します。庭木や公園樹として植栽されています。
ツバキ科ヒサカキ属の常緑低木で、学名は Eurya emarginata。
英名はありません。
"Hama-hisakaki" (Eurya emarginata) belongs to the Theaceae (the Tea family). It is a small evergreen tree that is distributed in Chiba prefecture and Aichi prefecture west to Shikoku, Kyushu of Japan, as well as the southern Korean Peninsula and China. This tree grows in the coastal areas of warm climate and can reach 1.5-5 m in height. The leaves are elongated obovoid, thick and alternate with hollow tips. This tree is dioecism and the small greenish white 5-petaled flowers come in axiles from October to February. The female flower is smaller than the male one. The fruits are round and ripen black. These trees are planted in parks and gardens.
[上・中1] 静岡県南伊豆町中木「奥石廊崎」にて、
2007年02月16日撮影。
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月17日撮影。
[中4・中5] 千葉県銚子市「桜井町公園」にて、
2009年09月24日撮影。
[中6〜7・下] 茨城県北茨城市「六角堂」にて、
2015年04月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp