はいいぬがや (這犬榧)

Cephalotaxus harringtonia var. nana

Cephalotaxus harringtonia var. nana

わが国の北海道西南部から本州の日本海側、それに四国の一部に
分布しています。多雪地帯に適応した「イヌガヤ」の変種で、高さは1
〜2メートルほどです。幹は斜上し、2列配列の葉が互生します。裏
面には白い2条の気孔線があります。6月ごろ、目立たない花をつ
け、果実は紅紫色に熟します。
イヌガヤ科イヌガヤ属の常緑低木で、学名は Cephalotaxus
harringtonia var. nana。英名は Japanese plum yew。
長野県牟礼村川上「むれ水芭蕉園」にて、2004年05月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp