はないかだ (花筏)

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

Helwingia japonica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。やや湿り気のある林縁や林床に生え、高さは1〜2メートルになります。葉は長楕円形で互生し、縁には芒状の鋸歯があります。4月から5月ごろ、葉の主脈の真ん中に淡緑色の4弁花を咲かせます。雌雄異株で、雄花は数個かたまって咲きますが、雌花はふつうひとつだけです。果実は7月から8月に黒く熟し、甘みがあって食べられます。また新芽は山菜として利用されます。名前は、花や果実が葉の上に筏師ように乗った姿から。
ミズキ科ハナイカダ属の落葉低木で、学名は Helwingia japonica。
英名は Japan helwingia。
"Japan helwingia" (Helwingia japonica) belongs to the Cornaceae (the Dogwood family). It is a small deciduous tree that is native to Japan, the Korean Peninsula and China. This tree grows in wettish forest edges and forest floors, and can reach 1-2 m in height. The leaves are oblong and opposite with aristate toothed edges. The pale green, four-petaled flowers bloom on the center of midribs from April to May. It is dioecious. The several male flowers are borne in a cluster and the female flower is usually alone. The fruits ripen into black from July to August, and they are sweet and edible. The burgeons are uesd for wild vegetable in Japan.
[上・中1] 群馬県安中市松井田町「小根山森林公園」にて、
2009年05月24日撮影。
[中2・中3] 奈良県西吉野村平沼田にて、2005年05月03日撮影。
[中4] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2006年05月15日撮影。
中5] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2002年04月29日撮影。
[中6] 岐阜県高山市丹生川町久手にて、2002年08月17日撮影。
[中7] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
008年10月18日撮影。
[中8〜中11] 千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。
[中12〜14・下] 福島県二本松市「日山」にて、
2014年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp