はいきんぽうげ (這金鳳花)

Ranunculus repens

Ranunculus repens

Ranunculus repens

Ranunculus repens

Ranunculus repens

わが国をはじめ、北半球に広く分布しています。林の中や湿った草原に生え、高さは20〜50センチになります。葉は3出複葉です。名前のように、株のまわりに走出枝を出して増えます。5月から7月ごろ、鮮やかな黄金色の花を咲かせます。 
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、学名は Ranunculus repens。
英名は Creeping buttercup。 
Creeping buttercup (Ranunculus repens) belongs to the Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to the Northern Hemisphere widely, including all over Japan. This herb grows in forests and wettish glasslands, and it can reach 20-50 cm in height. The leaves are ternate. It spreads by basal stolons. The bright golden flowers bloom from May to June.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中2〜3・下] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年06月28日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp