はいまつ (這松)

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

Pinus pumila

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それにカムチャッカ半島、東シベリアに分布しています。亜高山帯から高山帯に生え、高さは1〜2メートルになります。枝は長く匍匐して広がります。ハイマツ帯では、広大な群落を形成します。葉は針形で5個ずつ叢生します。6月ごろ開花して、翌年の夏から秋には小さな球果となります。この種子はライチョウの餌になります。 
マツ科マツ属の常緑低木で、学名は Pinus pumila。
英名は Dwarf Siberian pine。 
Dwarf Siberian pine (Pinus pumila) belongs to the Pinaceae (the Pine family). It is a small evergreen tree that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido of Japan, as well as the Kamchatska Peninsula and eastern Siberia. This tree grows in subalpine to alpine screes and it can reach 1-2 m in height. The branches spread by creeping on the grounds. This tree often forms vast clumps. The leaves are linear and five per bundled. The flowers come in June and the small strobiles ripen in next year's summer to fall. The seed is a food for rock ptarmigan. 
[上・中1・中5〜6] 岐阜県高山市丹生川町「乗鞍岳」にて、
2007年07月31日撮影。
[中2] 富山県立山町芦峅寺「立山・室堂平」にて、
2006年07月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] 長野県白馬村「八方尾根」にて、
2006年08月25日撮影。
[中7〜中10] 福島市土湯温泉町「一切経山」にて、
2014年05月31日撮影。
[中23〜中27] 同上にて、2015年08月22日撮影。
[中11〜中14] 福島市土湯温泉町「家形山」にて、
2014年07月05日撮影。
[中15] 栃木県那須町「三本槍岳」にて、2014年08月13日撮影。
[中16・中17] 福島県檜枝岐村「燧ヶ岳」にて、
2014年09月20日撮影。
[中18〜中20] 岩手県一関市「栗駒山」にて、
2015年06月20日撮影。
[中21・中22] 長野県宮田村「木曽駒ヶ岳」にて、
2015年08月02日撮影。
[中28〜31・下] 長野県白馬村「唐松岳」にて、
2016年07月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp