はないそぎく (花磯菊) [Index] [Back]

Chrysanthemum x marginatum

Chrysanthemum x marginatum

わが国の本州、千葉県から静岡県に分布している「いそぎく(磯菊)」と栽培されている「いえぎく(家菊)」との雑種です。高さは40〜60センチになります。葉は楕円形から倒楕円形で3〜5浅裂し、基部はくさび形です。裏面は白色のビロード毛で被われています。11月ごろ、小さな白色の舌状花がつく頭花を咲かせます。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum x marginatum。
英名はありません。
"Hana-iso-giku" (Chrysanthemum x marginatum) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is a hybrid between "Iso-giku" (Chrysanthemum pacificum) and "Kiku" (Chrysanthemum grandiflorum). This herb can reach 40-60 cm in height. The leaves are elliptic to obelliptic and 3-5 lobate with cuneatic bases. The rear surfaces of leaves are covered with white velvety hairs. The flower heads with samll white ray flowers in November.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年11月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp