はなかいどう (花海棠)

Malus halliana

Malus halliana

Malus halliana

Malus halliana

Malus halliana

中国の西部が原産です。高さは5〜8メートルになり、樹皮は灰色で
平滑です。葉は楕円形で対生し葉柄があります。4月から5月ごろ、
淡い紅色の花を咲かせます。果実はナシ状果で、秋に黄色く熟しま
す。中国では「すいしかいどう(垂絲海棠)」と呼ばれ、楊貴妃が酒に
酔って微睡んでいる姿に喩えられるそうです。
バラ科リンゴ属の落葉小高木で、学名は Malus halliana。
英名は Hall's crabapple。
Hall's crabapple belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous semi
-tall tree that is native to western China. This tree can reach 5-8 m in height
with smooth and gray barks. The leaves are elliptic, opposite and
petiolated. Pale rose-pink flowers come in April and May. The fruits are
pomes and ripen yellow in fall. This flower are likened to 'the appearance of
Yang Guifei who's intoxicated with alcohol and slumbering' in China.
[上・中1〜2] 岐阜県土岐市下石町にて、2007年04月13日撮影。
[中] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年04月09日撮影。
[下] 同上にて、2007年04月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp