はまかんぞう (浜萱草)

Hemerocallis fulva var. littorea

Hemerocallis fulva var. littorea

Hemerocallis fulva var. littorea

Hemerocallis fulva var. littorea

Hemerocallis fulva var. littorea

Hemerocallis fulva var. littorea

Hemerocallis fulva var. littorea

わが国の本州、関東地方以西から四国、九州に分布しています。海岸の日当たりの良い斜面に生え、高さは70〜90センチになります。「のかんぞう」に似ていますが、葉が厚くて光沢があり、常緑なのが特徴です。7月から10月ごろ、花茎を伸ばして橙色の花を咲かせます。一日花です。 
ユリ科ワスレグサ属の常緑多年草で、学名は Hemerocallis fulva var. littorea。英名は Coastal day-lily。 
The Coastal day-lily (Hemerocallis fulva var. littorea) belongs to Liliaceae (the Lily family). It is an evergreen perennial herb that is distributed westward from Kanto district of Honshu to Shikoku and Kyushu of Japan. This herb grows in sunny coastal slopes and can reach 70-90 cm in height. The leaves are thick, glossy and evergreen. The flowering stalks are borne and the orange flowers bloom from July to October. They last one day. 
[上・中1] 茨城県神栖市「波崎海岸砂丘植物公園」にて、
2007年10月11日撮影。
[中4] 同上にて、2009年09月07日撮影。
[中2・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年08月24日撮影。
[中5・下] 静岡県熱海市熱海「錦ヶ浦」にて、2013年08月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp