はくさい (白菜)

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

Brassica campestris var. amplexicaulis

中国の北部が原産です。わが国へは江戸時代の終わりに渡来し、
明治時代に本格的に普及しました。葉は結球性で、中心部から巻い
ていきます。春に中心部から花茎を伸ばして、黄色い花を咲かせま
す。中国では「だいこん」、豆腐とともに、養生三宝と呼ばれる健康食
品です。市場に出回る種類としては、春ハクサイ、夏ハクサイそれに
秋冬ハクサイに大別されます。
アブラナ科アブラナ属の二年草で、学名は Brassica campestris var.
amplexicaulis。英名は Chinese cabbage。
Chinese cabbage (Brassica campestris var. amplexicaulis) belongs to
Brassiaceae (the Mustard family). It is a biennial herb that is native to
northern China. This herb was introduced into Japan in the last days of Edo
Era (about 160 years ago) and became widespread in Meiji Era. The
leaves bulb up from inside. The flowering stalks are borne and bloom
yellow flowers in spring. Japanese radish, Bean curd and Chinese cabbage
are called "Three treasures of Yang Sheng (curing)" in China.
[上・中1〜2] 千葉県香取市大角にて、2011年04月07日撮影。
[中3] 同上にて、2010年11月19日撮影。
[中4] 同上にて、2010年12月19日撮影。
[中5] 長野県北相木村下新井にて、2005年07月10日撮影。
[下] 長野県南牧村野辺山にて、2005年07月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp