はくちょうげ (白丁花)

Serissa japonica

Serissa japonica

Serissa japonica

Serissa japonica

中国や台湾それにインドシナ半島に分布しています。わが国では、
沖縄だけに自生しますが、古くから庭木や生垣に利用されてきまし
た。よく分枝して、高さは50〜100センチになります。葉は長楕円形
または倒披針形です。5月から6月ごろ、白色または淡い紫色の星
形の花を咲かせます。葉縁に斑が入る「ふいりはくちょうげ(斑入り白
丁花)」もあります。
アカネ科ハクチョウゲ属の常緑低木で、学名は Serissa japonica。
英名は Tree of a thousand stars。
Tree of a thousand stars (Serissa japonica) belongs to Rubiaceae (Madder
family). It is an evergreen small tree that is distributed to China, Taiwan and
Indo-china Peninsula. It is also native to Okinawa Islands, and has been
cutivated as a garden tree or hedges from long ago. This tree are much-
branched and can reach 50-100 cm in height. The leaves are oblong to
oblaceolate. The white to pale purple flowers appear from May to June.
[上・中1] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2008年09月21日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2002年05月06日撮影。
[下] 茨城県神栖市土合西にて、2008年06月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp