はくもくれん (白木蓮)

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

Magnolia heptapera

中国の東部から南部が原産です。日当たりのよいところに生え、高さは15メートルほどになります。樹皮は灰白色で平滑です。葉は倒卵形で互生します。3月から4月ごろ、葉の展開前に、直径10センチほどの絹のような真っ白な花を咲かせます。花披片は9個あります。朝日があたると開き、夕方にはしぼみます。
モクレン科モクレン属の落葉高木で、学名は Magnolia heptapera。
英名は Yulan magnolia、Lily tree。
Yulan magnolia belongs to Magnoliaceae (the Magnolia family). It is a tall deciduousl tree that is native to east and south China. This tree grows in sunny places and can reach about 15 m in height. The barks are grayish white and smooth. The leaves are obovate and alternate. The silky white flowers bloom from March to April before foliation. The flower has nine tepals. They bloom when getting the morning sun, and deflate at evening.
[上・中1] 奈良県生駒市西畑町「生駒山」にて、
2007年03月31日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市田原台「戎公園」にて、
2005年04月06日撮影。
[中3] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2005年03月30日撮影。
[中4・中5] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2009年04月25日撮影。
[中6] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。
[中7] アメリカ・ニューヨーク州「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。
[中8] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中9・中10] 群馬県高崎市「観音山」にて、2012年03月31日撮影。
[下] 同上にて、2012年04月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp