はくさんちどり (白山千鳥)

Orchis aristata

Orchis aristata

Orchis aristata

Orchis aristata

Orchis aristata

Orchis aristata

Orchis aristata

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに北太平洋地域に分布しています。山地帯から高山帯の湿原に生え、高さは10〜40センチになります。葉は広線形で互生します。6月から8月ごろ、総状花序をだして花を咲かせます。花色には変化が多く、紅紫色から白色まで見ることができます。名前は、花のかたちを「ちどり(千鳥)」に見立てたもの。 
ラン科ハクサンチドリ属の多年草で、学名は Orchis aristata。
英名はありません。 
"Hakusan-chidori" (Orchis aristata) belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district to Hokkaido of Japan and the North Pacific Region. This herb grows in marshes from montain to alpine zone and can reach 10-40 cm in height. The leaves are broad linear and alternate. The flowers come in the raceme from June to August. The flowers have various colors, from magenta to white. 
[上] 富山県立山町芦峅寺「立山・弥陀ヶ原」にて、
2006年07月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2005年07月14日撮影。
[中2・中3] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2004年07月03日撮影。
[中4] 山形県西山町月山沢「月山」にて、2005年07月09日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中5・下] 福島県北塩原村「デコ平湿原」にて、
2009年06月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp