はくうんぼく (白雲木)

Styrax obassia

Styrax obassia

Styrax obassia

Styrax obassia

Styrax obassia

Styrax obassia

Styrax obassia

Styrax obassia

Styrax obassia

Styrax obassia

Styrax obassia

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。湿潤な谷間に多く生え、高さは6〜15メートルになります。名前は、花がいっぱい咲いた姿が白い雲のように見えることから。大きな葉は倒卵形で縁には歯牙状の鋸歯があり、互生します。5月から6月ごろ、枝先に「えごのき」に似た小さな白い花を下垂させます。材は、器具や彫刻材などに使われます。
エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木で、学名は Styrax obassia。
英名は Fragrant snowbell。
Fragrant snowbell (Styrax obassia) belongs to the family Styracaceae. It is a semi-tall deciduous tree that is native to Japan, the Korean Peninsula and China. This tree grows in waste mountane dales and can reach 6-15 m in height. The leaves are large obovate and alternate with odontophyllus toothed edges. The drooping clusters are borne at the terminal branches and bloom small white flowers from May to June. The timbers are used for furniture or carving.
[上・中1〜3] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2010年05月16日撮影。
[中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年06月21日撮影。
[中5] 群馬県上野村楢原「船坂山」にて、2005年07月10日撮影。
[中6・中7] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2008年09月21日撮影。
[中8〜9・下] 千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp