はまあかざ (浜藜) [Index] [Back]

Atriplex subcordata

Atriplex subcordata

Atriplex subcordata

Atriplex subcordata

Atriplex subcordata

わが国の本州から北海道、それに千島諸島やサハリンに分布しています。海岸の砂地などに生え、高さは40〜60センチになります。葉は三角状卵形から披針形で互生し、下部はほこ形になります。8月から10月ごろ、枝先に雌花と雄花を穂状に咲かせます。花弁はありません。
アカザ科ハマアカザ属の一年草で、学名は Atriplex subcordata。
英名はありません。
"Hama-akaza" (Atriplex subcordata) belongs to Chenopodiaceae (the Goosefoot family). It is an annual herb that is distributed from Honshu to Hokkaido of Japan, the Kuril Islands and Sakhalin. This herb grows in sandy shores and can reach 40-60 cm in height. The leaves are deltoid-ovate to lanceolate and alternate with hastate bases. The flowers are female and male, bloom in the spike-shaped clusters from Auguste to October. They are non-petaled.
[上・中1〜2] 宮城県松島町松島にて、2010年08月08日撮影。
[中3・下] 静岡県熱海市下多賀にて、2009年02月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp