はまえんどう (浜豌豆)

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

Lathyrus japonicus

わが国の各地をはじめ、アジアからヨーロッパ北・西部、北アメリカ
に広く分布しています。海岸の砂地に生え、地面を這って長さは1メ
ートルほどになります。茎は角ばり、葉は小葉が6〜12個ある複葉
です。4月から7月ごろ、総状に蝶形花を咲かせます。旗弁は初め赤
紫色ですが、あとで青紫色に変わります。まれに白花もあるそうで
す。
マメ科レンリソウ属の多年草で、学名は Lathyrus japonicus。
英名は Beach pea。
Beach pea belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb
that is distributed widely, all over Japan, also Asia, northern and western
Europe and North America. This herb grows on coastal sandy soils,
spreads by creeping on the grounds and can reach about 1 m long. The
stem is angulate and the leaves are compound with 6-12 leaflets. The
racemes are borne on the stalks and the papilionaceous flowers bloom
from April to July. The vexillum is magenta at beginning and turns bluish-
purple gradually. The flower-color is rarely white.
[上・中1〜3] 茨城県神栖市「波崎海岸」にて、
2008年05月17日撮影。
[中5] 同上にて、2008年05月28日撮影。
[中6〜中8] 同上にて、2008年06月18日撮影。
[中9] 同上にて、2008年06月17日撮影。
[中10] 同上にて、2008年06月25日撮影。
[中4] 静岡県浜松市村櫛町「浜名湖」にて、2004年04月11日撮影。
[中11] 千葉県銚子市「犬吠埼」にて、2007年10月11日撮影。
[下] 北海道北見市常呂町「ワッカ原生花園」にて、
2009年08月04日撮影。(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp