はまひるがお (浜昼顔) [Index] [Back]

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

Calystegia soldanella

わが国の各地をはじめ、アジアやヨーロッパ、オーストラリアそれに北アメリカの太平洋岸に分布しています。砂地や小石まじりの海岸に生え、高さは10センチほどになります。地下茎を伸ばして広がり、茎は砂の上を這います。葉は腎円形で互生し、厚くて光沢があります。5月から6月ごろ、葉腋から長い花柄を伸ばし、淡い紅色の漏斗形の花を咲かせます。
ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草で、学名は Calystegia soldanella。
英名は Sea bindweed。
Sea bindweed belongs to Convolvulaceae (Bindweed family). It is a perennial herb that is distributed to all over Japan, Asia, Europe, Australia and the Pacific Ocean Side of North America. This herb occurs in sandy and shingly sea shores and can reach about 10 cm in height. It has elongated rhizomes and the stems are creeping on the sand. The leaves are reniform-round, alternate, thick and glossy. The long peduncles are borne on the axiles and bloom pale rose-pink funnel-shaped flowers from May to June.
[上] 茨城県神栖市「波崎海岸」にて、2008年06月05日撮影。
[中1] 同上にて、2008年06月16日撮影。
[中2] 同上にて、2008年05月17日撮影。
[中3・中5〜6] 同上にて、2008年06月17日撮影。
[中7] 同上にて、2008年06月25日撮影。
[中8] 同上にて、2008年07月09日撮影。
[中9] 同上にて、2008年07月17日撮影。
[下] 同上にて、2009年09月11日撮影。
[中4] 茨城県神栖市南浜にて、2007年07月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp