はなまき (花槙)

Callistemon citrinus

Callistemon citrinus

Callistemon citrinus

Callistemon citrinus

Callistemon citrinus

オーストラリアが原産です。熱帯・亜熱帯の気候では、はやく成長し
ます。高さは1.8〜3.6メートルになります。葉は狭い披針形で、皮
質です。独特の柑橘系の香りがあります。暑い季節を通して、鮮や
かな赤色のブラシのような花を咲かせます。花のように見えるのは雄
しべと雌しべです。
フトモモ科ブラシノキ属の常緑低木で、学名は Callistemon citrinus。
英名は Common red bottlebrush。
Common red bottlebrush belongs to Myrtaceae (Myrtle family). It is an
evergreen small tree that is native to Australia. This tree grow fast in tropical
or sub-tropical areas. It can reach 1.8-3.6 m in height. The leaves are
narrow-lanceolate and leathery. They have distinct citrous odor. The bright
red brush-like flowers come through warm season. The stamens and pistiles
look like petals.
[上・中1・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年05月22日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2007年06月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp