はまなでしこ (浜撫子)

Dianthus japonicus

Dianthus japonicus

Dianthus japonicus

Dianthus japonicus

Dianthus japonicus

Dianthus japonicus

Dianthus japonicus

Dianthus japonicus

Dianthus japonicus

わが国の本州から四国・九州、それに東アジアに分布しています。
海岸の崖や砂浜に生え、高さは20〜60センチほどになります。葉
は狭卵形で光沢があり対生します。6月から11月ごろ、茎の先に紅
紫色の花を咲かせます。別名で「ふじなでしこ(藤撫子)」とも呼ばれ
ます。
ナデシコ科ナデシコ属の多年草で、学名は Dianthus japonicus。
英名はありません。
"Hama-nadeshiko" (Dianthus japonicus) belongs to the Caryophyllaceae
(the Carnation family). It is a perennial herb that is native to Honshu,
Shikoku and Kyushu of Japan, and eastern Asia, This herb grows in
coastal cliffs or sand beaches and can reach 20-60 cm in height. The leaves
are narrow-ovate, glossy and opposite. The magenta flowers come on the
stalks from June to November.
[上・中1〜3] 茨城県神栖市南浜にて、2007年07月12日撮影。
[中4・中6] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中5] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中7・下] 宮城県松島町「雄島」にて、2010年08月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp