はまおもと (浜万年青)

Crinum asiaticum var. japonicum

Crinum asiaticum var. japonicum

Crinum asiaticum var. japonicum

Crinum asiaticum var. japonicum

Crinum asiaticum var. japonicum

Crinum asiaticum var. japonicum

わが国の本州、関東地方以西から、四国、九州に分布しています。
海辺に生え、高さは50〜80センチになります。帯状の大きな葉を広
げます。7月から9月ごろ、太い花茎を伸ばして、白い花を咲かせま
す。花には芳香があり、別名で「はまゆう(浜木綿)」とも呼ばれま
す。
ユリ科ハマオモト属の常緑多年草で、学名は Crinum asiaticum var.
japonicum。英名はありません。
"Hama-omoto" (Crinum asiaticum var. japonicum) belongs to the Liliaceae
(the Lily family). It is an evergreen perennial herb that is distributed
westward from Kanto district of Honshu to Shikoku and Kyushu of Japan.
This herb grows in coastal areas and can reach 50-80 cm in height. The
leaves are large and strip-shaped. The thick flowering stalks are borne and
the white flowers bloom from July to September. The flowers are scented.
[上・中1] 茨城県神栖市「波崎海岸砂丘植物公園」にて、
2007年10月11日撮影。
[中4・下] 同上にて、2009年09月07日撮影。
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp