はますげ (浜菅)

Cyperus rotundus

Cyperus rotundus

Cyperus rotundus

Cyperus rotundus

わが国の本州から四国・九州をはじめ、世界の熱帯・亜熱帯地域に
広く分布しています。海岸の砂浜や道端、田んぼの畔などに生え、高
さは20〜40センチになります。茎は直立して、線形の葉が叢生しま
す。夏から秋にかけて、茎の先に2〜3個の苞葉をだし、その真ん中
から不揃いの茶褐色の小穂をつけます。肥大した根茎は、漢方では
香附子(こうぶし)と呼ばれ、神経症や月経不順に用いられます。
カヤツリグサ科カヤツリグサ属の多年草で、学名は Cyperus
rotundus。英名は Nut grass。
Nut grass (Cyperus rotundus) belongs to Cyperaceae (the Sedge family). It
is a perennial herb that is native to Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan
and sub-tropical to tropical areas of the world. This herb grows on
maritime sands, roadsides and rice field linches, and can reach 20-40 cm in
height. The stem is erect and the linear leaves are clumping. The brownish-
red irregular spikelets are borne on the stem apices with two or three bracts
in summer to fall. The rhizomes are thick and used as a herbal medicine for
nervous disease or menstrual problem.
[上・中1] 茨城県神栖市柳川「波崎海岸」にて、
2008年08月01日撮影。
[中2・下] 愛知県南知多町「篠島」にて、2004年10月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp