はなきささげ (花木大角豆) [Index] [Back]

Catalpa speciosa

Catalpa speciosa

Catalpa speciosa

Catalpa speciosa

Catalpa speciosa

Catalpa speciosa

アメリカの中西部が原産です。河川沿いの湿った渓谷に生え、高さは15〜24メートルになります。葉は心形で全縁、輪生するか対生します。雌雄同株です。花はベル形の白色で、内部に黄色と紫色の斑があり、直立した枝先の花序に、晩春に咲きます。果実は長い濃褐色の刮ハで、秋に熟します。
ノウゼンカズラ科キササゲ属の落葉高木で、学名は Catalpa speciosa。英名は Northern catalpa。
Northern catalpa (Catalpa speciosa) belongs to Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is a tall decidouos tree that is native to the midwestern United States. This tree grows in moist valley soils by streams, and can reach 15-24 m in height. The leaves are cordate, entire margins, and arranged in whorled or opposite. It is a monoecious. The flowers are white with yellow and purple spots on insides, bell shaped, appear in upright terminal clusters in late spring. The fruits are long, dark brown capsules, and mature in fall.
[上・中1] 東京都文京区「小石川植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中2〜中4] スペイン・バレンシア県バレンシアにて、
2011年09月03日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、
2009年09月30日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp