はまなす (浜梨)

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa cv. Germanica

Rosa rugosa cv. Rubra

Rosa rugosa cv.

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

Rosa rugosa

わが国の本州北部から北海道、それに朝鮮半島や中国北部に分布しています。海岸の砂地に生え、高さは1〜1.5メートルになります。1〜2回3出複葉の葉は毛で被われ、枝には棘が多くあります。6月から7月ごろ、枝先に淡い紅色の5弁花を咲かせます。果実は平たい球形で赤く熟し、食べることができます。名前は、もともとの「はまなし(浜梨)」が東北地方の訛りのために転訛したものといわれています。園芸品種も数多く作出されています。写真中2の品種は「ゲルマニカ(cv. Germanica)」、中3は「ルブラ(cv. Rubra)」。
バラ科バラ属の落葉小低木で、学名は Rosa rugosa。
英名は Ramanas rose、Japanese rose。
Ramanas rose (Rosa rugosa) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a deciduous shrub that is distributed from northern Honshu to Hokkaido of Japan, as well as the Korean Peninsula and northern China. This shrub grows in coastal sandy areas and can reach 1-1.5 m in height. The leaves are ternate to biternate compound, covered with hairs and the stem has many spines. The pale rose-pink flowers come in the terminal branches from June to July. The fruits are flat globose and ripen red, edible. The many cultivars are breeded. The 3rd photo is a cultivar 'Germanica', and 4th one is a cultivar 'Rubra'.
[上・中1〜4] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中5・中6] 長野県筑北村坂井入山沢にて、2006年08月01日撮影。
[中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2008年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中14] 同上にて、2012年07月21日撮影。
[中10・中11] 北海道北見市常呂町「ワッカ原生花園」にて、
2009年08月04日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中12・中13] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2009年11月15日撮影。
[中20・中21] 同上にて、2013年11月02日撮影。
[中15〜中17] 茨城県鹿嶋市大小志崎「自生南限地」にて、
2013年09月07日撮影。
[中18・中19] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、
2014年06月29日撮影。
[下] 茨城県北茨城市「五浦海岸」にて、2014年08月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp