はなつるぼらん (花蔓穂蘭) [Index] [Back]

Asphodelus fistulosus

Asphodelus fistulosus

Asphodelus fistulosus

地中海沿岸地方が原産です。今ではアメリカやメキシコ、オーストラリア、ニュージーランドそれにわが国の一部にも帰化しています。道ばたや荒れ地になどに生え、高さは70センチ以上になります。葉は線形で、「たまねぎ」のように丸く中空です。4月から5月ごろ、円錐花序をだし、白色からごく淡いピンク色の花を咲かせます。花は6個の花披片があり、真ん中に褐色から赤紫色の縦縞があります。花は日中だけに咲き、夜やどんよりした気象では閉じています。果実は丸い刮ハで、6個の種子が入っています。別名で「あれちひなゆり(荒れ地雛百合)」とも呼ばれます。
ユリ科ツルボラン属の多年草で、学名は Asphodelus fistulosus。
英名は Onionweed。
Onionweed (Asphodelus fistulosus) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the Mediterranean region. Nowadays, it is naturalized in the United States, Mexico, Australia, New Zealand and also part of Japan. This herb grows in roadsides or barrens, and can reach up to 70 cm in height. The leaves are linear and onion-like rounded hollow. The panicle is borne and the white to vary pink flowers bloom from April to May. The flowers are six tepaled and with a central longitudinal stripe of brown to reddish-purple. The flowers are diurnal, closing at night and in overcast weather conditions. The fruit is a rounded capsule containing six seeds.
[上] スペイン・バレンシア県プソルにて、2012年03月25日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中] 同上にて、2011年03月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2011年04月05日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp