はなうど (花独活) [Index] [Back]

Heracleum nipponicum

Heracleum nipponicum

Heracleum nipponicum

Heracleum nipponicum

Heracleum nipponicum

Heracleum nipponicum

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。山野の湿り気のある薮や河岸に生え、高さは1〜2メートルになります。葉は羽状複葉で互生します。5月から6月ごろ、茎頂の複散形花序に小さな白色の花を咲かせます。花序の中心部の花よりも、周辺部の花が大きいのが特徴です。
セリ科ハナウド属の多年草で、学名は Heracleum nipponicum。
英名はありません。
"Hana-udo" (Heracleum nipponicum) belongs to Apiaceae (the Carrot family). It is a perennial herb that is distributed westward from Kanto district of Honshu to Shikoku and Kyushu, the Korean Peninsula and China. This herb grows in wettish thickets and stream edges, and can reach 1-2 m in height. The leaves are pinnately compound and alternate. The small white flowers bloom in terminal compound umbels from May to June. The circumjacent flowers are larger than the flowers in the central part of cluster.
[上・中1〜3] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年05月23日撮影。
[中4・下] さいたま市桜区「田島ヶ原」にて、2010年04月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp